フリードを千葉で高く買取してもらうコツ

車を高く売るには、すごくシンプルなコツがあります。

1社でも多く見積もりを取り寄せて、
1円でも高く買い取ってくれる業者を見つけること。


たったこれだけです。


「どうせどんぐりの背比べなんでしょ??」


と思うかもしれませんが、
決してそんなことはないんです。


全く同じ車を査定してもらっているはずなのに、


A社「うちでは買取できません。廃車費用が掛かりますよ。」

B社「10万円でぜひ売って下さい!」


と、全く違った結果になることが多いんです。


買取業者によって、なぜこんなに違いが出るのか?
それは買取業者ごとの強みが違うからなんです。



■買い取った車の販路が違う!


買取金額が業者によって何万円も変わる理由は、
買い取った車の販路が違うからです。


別に、中古車としてそのまま販売するんじゃなくて、
さまざまな売り方があるんです。

たとえば、


・中国や新興国に持って行って売る

・特定車種に強い販売ルートがある

・部品にして高く売れる販売ルートがある

・スクラップにして鉄として売る



などなど、車はいろんな形でお金になるんです。


だから、査定額がゼロになるのはあり得ないし、
廃車費用を要求されるはずがないんです。



査定を依頼したのに、廃車費用を要求してくるような業者は、
間違いなく悪徳業者です。

そんな業者に騙されないためにも、
良い業者とめぐり合うためにも、
1社でも多く見積もりを取り寄せて下さい!





■おすすめの一括見積サイト

見積もりを集めるために自分の足で動き回るのは、
効率があまりにも悪いですよね。

そこで一括見積サイトを使いましょう。


自分が住んでいる地域の買取業者へ、
一括で見積り請求ができます。

利用料は無料なので、
使わない手はありません。


1.メーカー
2.車種
3.年式(多少ずれていてもOK)
4.走行距離(多少ずれていてもOK)


この4項目と回答を受け取るための
連絡先を入力すればOK。

ガラケーでも1分もあれば、入力出来ちゃいますよ。



車を売ると決めたら、
いつ売ったら良いのかというと、
間違いなく今すぐです。

売る時期によって価格は確かに微妙に上下するものの、
それよりももっと大きな影響を与えているのが、
モデルチェンジです。



一般向けに公表されていなくても、
買取業者の間でモデルチェンジの情報が流れれば、
旧型の評価は一気に落ちてしまいます。

モデルチェンジがいつ発表されるかはわからないので、
できるだけ早く売却先を見つけたほうが良いですよ。
↓↓↓










セカンドカー割引とは何か

家庭で複数台自動車を保有しているということであれば複数所有自動車割引とかセカンドカー割引を利用すると保険料が安くなります。
今となれば家庭に複数台あるというのが一般的ではないでしょうか。複数台持っていれば必ずセカンドカー割引が適用されるわけではなく、適用されるための条件があります。
セカンドカー割引が適用される条件というのは1台目の契約車両の等級が11等級以上であることです。
セカンドカー割引は2台目以降の契約車両について適用されるわけですが、1台目と2台目以降の名義人が必ずしも同じである必要はなく、同居の家族であればいいというようなところもあります。
場合によっては2台目以降であっても1台目の契約車両の名義人と同一でなければいけないというような会社もありますので、適用条件については各損害保険会社で条件を確認して下さい。
自動車保険に新規で加入した時には通常は6等級から始まりますが、セカンドカー割引が適用されたら1段階進んだ7等級からスタートすることになりますので、結果的に割引率が高くなり保険料が安くなります。
等級というのは1等級から20等級まであり、新規加入時は6等級から始まり期間中に無事故であれば更新の度に1等級上がることになり、事故を起こして保険対応することになりますと3等級下がっていくという仕組みになっています。
事故のレベルによって等級が下がらないということがありますし、等級プロテクト特約を付けていれば等級が据え置かれるということもあります。
等級を下げないために事故を起こしても場合によっては保険対応せずに自腹で対応することもできます。
保険会社によっては1台目の保険契約と違った保険会社とセカンドカー割引が適応されることがありますが、その時は損害保険会社にその旨を伝えなければセカンドカー割引が適応されないので注意してください。
基本的には事故対応のこともあるので同じ損害保険会社のほうが使いやすいですが、自動車保険の見直しなどを検討しているのであれば違う損害保険会社のセカンドカー割引も考えてみてはいかがでしょうか。
セカンドカー割引を利用すると2台目以降の保険料が安くなりますので、1家に複数台自動車があるということであればこの割引を検討してはいかがでしょうか。
適用されるための条件は保険会社によって多少違ってきますので、そこのところをよく確認したうえで保険商品を確認してもらいたいです。